自律神経

きなこで効率よくイソフラボン摂取

イソフラボンは様々な食べ物から摂取することができます。
とりわけ当然ですが、大豆製品に多く含まれています。
基本的に一日に75mg摂取すると良いとされていますが、どのように摂取すればよいのでしょうか。

納豆なら、2パックで摂取できます。
朝に1パック、夜に1パックで達成できます。
豆乳も2パックです。

これも自宅に豆乳機があれば簡単に摂取できます。
朝起きて1杯、そして眠る30分前くらいにシナモンなどを入れた豆乳を飲むと心地よい睡眠も演出してくれますし、非常に効果的です。
もう一つ、効率よく摂取できる方法があります。

それが、きなこです。
きなこは大さじで八杯食べて始めて70mgに到達できますが、それだけ普通に食べるのは簡単ではありません。
しかし、きなこの良いところは、応用が効くというところです。

お菓子やデザートで摂取すれば非常に簡単に摂取できます。
甘いものが好きな人なら楽勝です。
そして最善の方法は、きなこをプラスするという点です。

メインを他の大豆製品でイソフラボンを摂取し、足りない分をきなこで補う事ができます。
そうすることで効率よくイソフラボンを摂取することができます。
無理すると続かないので、普段の食事とデザートできなこを意識すれば簡単にクリアーできるのです。
日々の健康に必要なイソフラボンの効果・効能が、http://イソフラボン.ws/にも載っているので読んでみてください。

このページの先頭へ