自律神経

イソフラボンをおいしく摂取するレシピ

イソフラボンを効率よく摂取したいなら、加工されていない状態で摂取することが一番です。
ですから、例えば、納豆、豆腐、豆乳を用いたレシピを考え出すなら、美味しくしかも楽しくイソフラボンを摂取できます。
納豆を使ったレシピでおすすめは、納豆キムチです。

簡単でしかも何回食べても飽きません。
ご飯とそれさえあれば十分です。
そしてたくさんアレンジが効くのが豆腐です。

当然そのまま食べても美味しいですし、麻婆豆腐なんかも簡単で上手に摂取できます。
更に厚揚げです。
生姜醤油と一緒に食べるなら、醤油も大豆でできているので相乗効果を期待することができます。

同じ感じで考えるなら美味しいのは、厚揚げに納豆を詰めて表面を炙るものです。
簡単にできますし、しかもイソフラボンを大量に摂取できます。
それに醤油で食べれば、大豆づくしです。

実際に普段の生活でたくさん大豆を使っています。
とりわけ日本食にすればイソフラボンが含まれます。
デザートで考えることができるのが、きなこを使ったものです。

ヨーグルトに入れたり、アイスにふりかけたり、簡単にアレンジできます。
また寝る前に温かい豆乳を飲むのも非常に効果的な方法です。
イソフラボンを美味しく摂取するために工夫することができます。

このページの先頭へ